2018-1 Blog Entry List

平成29年度(一財)岡山セラミックス技術振興財団 研究発表会

平成29 年度における研究成果報告会を次のとおり開催しますので、地域企業の方々、御関係の方々に多数御参加いただきたく御案内します。

開 催 日 時 : 平成30年 3月27日(火)10:40~14:00

■ 会 場 : 岡山セラミックスセンター セミナー室

(備前市西片上 1406-18 TEL 0869-64-0505)

0

第2回セラミックス研磨技術セミナー

主 催 : (一財)岡山セラミックス技術振興財団
共 催 : 耐火物技術協会中国四国支部、日本セラミックス協会中国四国支部 アカセル・ジャパン株式会社、株式会社猪原商会
 
顕微鏡観察は、試料を作成するところから始まります。今回のセミナーは、昨年に引き続いて「アカセル・ジャパン」、「猪原商会」様のご協力により開催します。
研磨の過程で、どのような問題が、どこで生じるかなど映像を見ながら詳解していただき、特に研磨および琢磨の作業を4 つのカテゴリーに分類して実用的な内容を盛り込んで解説する他、質疑応答や疑問点など、ざっくばらんに取り入れながら、第2 回セラミックス研磨技術セミナーとして開催します。
 
 平成30年 4月20日(金) 13:00~17:00
岡山セラミックスセンター セミナー室 備前市西片上 1406 番地 18 
0

第11回耐火物の基礎学問研修

<主 催>  一般財団法人岡山セラミックス技術振興財団
<共 催> 耐火物技術協会中国四国支部、日本セラミックス協会中国四国支部

耐火物並びに同関連産業の社員として働き始めた、或いは、中途採用で就職して期間が短い皆さんを対象として、耐火物の基礎技術を学ぶ研修会を開催します。
関係拡方面から多数のご参加がいただけますようご案内します。

 

0

第5回 鉄鋼用耐火物専門委員会講演会論文賞のお知らせ

平成29年11月20-21日(於北九州市)で開催された標記の専門委員会において,以下の2件の講演が論文賞を受賞されました。
「MgO-C反応速度の気孔率依存性」
品川リフラクトリーズ(株) 土井菜保子氏 他
「不定形耐火物の耐熱衝撃性評価 その2」
黒崎播磨(株)        細木亮太氏 他

0

第34回 セメント用耐火物研究会の発表募集

開催日:平成30年5月28日(月)
場所:日本教育会館 東京都千代田区一ツ橋2-6-2(TEL03-3230-2831)
発表募集:申込締切 平成30年1月26日(金)必着     
     原稿締切 平成30年3月23日(金)必着
参加費: 研究会 無料(報告集4,000円/冊で頒布)        
     交流会 4,000円/人(耐火物関係者7,000円/人)
*プログラムは,決まり次第お知らせ致します。
応募申込・問合先:耐火物技術協会事務局 磯尾
〒104-0061東京都中央区銀座7-3-13ニューギンザビル4F
TEL03-3572-0705  FAX 03-3572-0175 E-mail isoo@tarj.org

0

第71回 通常総会と関連行事のご案内

開催日:平成30年4月23日(月)-24日(火)

場所:岡山国際交流センター
      〒700-0026 岡山市北区奉還町2-2-1
TEL:086-256-2000 FAX:086-256-2226
行事内容
1) 理事会
2) 第71回通常総会

3) 第31回年次学術講演会 

 ・申込締切:平成29年12月8日(金)  
 ・原稿締切:平成30年1月12日(金)
4) 若林論文賞受賞講演  
5) 特別講演   「たたら吹き製鉄の歴史と日本刀」伊藤 正和 氏  (和鋼博物館 館長)6) 各専門委員会・研究会幹事会
7) 交流会
*プログラム・講演概要は,耐火物3月号に掲載します。
*問合先:耐火物技術協会事務局 磯尾TEL 03-3572-0705  FAX 03-3572-0175             E-mail  isoo@tarj.org

0

東海支部見学講習会

平成29年11月17日に東海支部見学会を実施しました。32名の方に参加頂き,コースは,(1)愛知製鋼(株)・鍛造技術の館 (2)コカ・コーラボトラーズジャパン(株)東海工場 (3)名古屋工業大学内のcafé sala(懇親会)。 ご協力いただきました愛知製鋼(株)様,コカ・コーラボトラーズジャパン(株)東海工場様,名古屋工業大学様,並びに東海支部会員の方に感謝を申し上げます。
(東海支部事務局  伊藤忠セラテック(株) 河野静一郎)


見学講習会に参加して
(1)愛知製鋼(株)「鍛造技術の館」
愛知製鋼は1940年に当時の(株)豊田自動織機製作所の製鋼部門が分離独立して設立された。敷地内に設置された「鍛造の館」は,製鋼部門当時からのクランクシャフト鍛造の進歩と苦労の歴史を展示している。イヤホン越しの説明をお聞きしながら見る展示物は,2017年3月に放送されたドラマ「LEADERS II」を思い起こさせる。日本で作りたい,もっと良いものを作りたい,もっと安く・効率よく作りたい・・・ヒシヒシと伝わってくる思想は,後半に展示された鍛冶屋の歴史にルーツを感じとることができる。

(2)コカ・コーラボトラーズジャパン(株)東海工場
130歳を迎えるコカ・コーラは自由の女神と同い年。アトランタの薬剤師が作った甘い飲み物は今や世界で毎日19億杯飲まれている。見学コースは,その歴史に日本ならではの商品開発や製造工程の工夫があったことを示している。振る舞われた商品を飲み干すと美しい案内員が我々を構内に導く。その規則正しく順序だったガイドは,自分がコーラのボトルになった気分にさせてくれる。

(3)Café sala (懇親会)
ツアーの最後は名古屋工業大学内のカフェを会場にした親睦会。「鍛造の館」の入り口に掲げてあった“温故知新”に触れたスピーチあり,海外駐在先での苦労話あり,楽しく有意義な時間を送ることができた。小さくなった地球で,日本が威力を発揮するのはモノづくり。故も新も,鉄も鋼も,ビンも缶も,改めて愛知県の潜在性を確認した一日だった。
伊藤忠セラテック(株) 渡部良一 
0

平成29年11月度 機関誌編集委員会

1.日時:2017年11月10日(金)15:00-17:00

2.場所:耐火物技術協会 会議室

3.出席者

大矢委員長,飯山,池淵,遠藤,大庭,熊澤(代理),筒井,中尾,中島,丸山茂,前田
事務局(吉井,細田,小林,磯尾)

【議事内容】

 *前回議事録の確認。
(和文誌)
・発行済11月号の発行内容確認。
・2017年12月号-2018年2月号の編集計画・進捗報告と検討。
・執筆依頼,原稿審査結果状況の進捗報告。⇒投稿原稿(入稿予定込)の担当者決定等。

 (欧文誌)

・発行済Vol.37№3発行内容確認。
・Vol.37№4,Vol.38№1-3の編集計画・進捗報告と検討。
・購読者状況:先月の55冊から増え58冊との報告あり。
 (その他)
・欧文誌の投稿規定の見直し。12月度編集委員会に事務局より最終案提出。
・和文誌の投稿規定の軽微な見直し。
【今後の機関誌編集委員会開催予定】
2017年12月 8日(金) 15:00-17:00
2018年1月12日(金) 15:00-17:00
2018年2月 9日(金) 15:00-17:00

0